仮想通貨のチャート分析とテクニカル分析とファンダメンタル分析の違い

あなたは送金手数料に何千円も払っていませんか?現在送金手数料が無料の取引所BITPointが3000円のプレゼントを実施中です♪【2018年9月末まで】

【簡単】ビットポイントが3,000分のビットコインプレゼント中!詳細はココをクリック

仮想通貨をしていると、チャート分析、テクニカル分析、ファンダメンタル分析という3つの分析手法をよく聞きます。

 

それぞれどんな分析方法なのか?というのを簡単にまとめておきます。

 

チャート分析・テクニカル分析とは?

まず、チャート分析とテクニカル分析ですが、呼び方が違うだけで同じ分析手法を指しています。

 

で、どんな分析手法なのかというと、チャート(グラフ)を見て分析する手法ですね。下で紹介するファンダメンタル分析は、経済状況やニュースによって分析します。でもチャートの動きってそういうものだけで分析できるわけじゃなくて、これ以上下がると怖いから売りたい!とかなんか上がってきた!一気に上がるかもしれないからここで買いたい!というように人の心もすごく影響します。

 

その動きをチャートから分析するのがチャート分析(テクニカル分析)です。過去のチャートからある程度規則性があり、このラインを下回ると下がるとか、このラインを抜けると上がるとかがあります。

 

 

スポンサーリンク


ファンダメンタル分析とは?

次はファンダメンタル分析です。ファンダメンタルズ分析とも呼ばれますね。

 

ファンダメンタル分析はニュース等の情報で、価格の上下を予想する分析です。例えば、仮想通貨は取引所への上場が決まったり、Burnが起こったり(XXごろにBurnが起こりそうという噂があると)すると価格が上昇するのですが、そのような情報を元に分析をすることです。

長期ホールドする人は、チャート分析ではなくファンダメンタル分析で、数カ月後や数年後に保有したい銘柄が上がりそうか?下がりそうか?を分析してみるといいですね。

 

 

スポンサーリンク


 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です