仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴や将来性!取引所バイナンスで購入可!

あなたは送金手数料に何千円も払っていませんか?現在送金手数料が無料の取引所BITPointが3000円のプレゼントを実施中です♪【2018年9月末まで】

【簡単】ビットポイントが3,000分のビットコインプレゼント中!詳細はココをクリック

今回は、仮想通貨であるIOTA(アイオータ)の特徴や将来性、購入できる取引所について調べてみました。

 

結論:結構期待している人多いですね~!

 

仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴を簡単に説明

IOTA(アイオータ)の特徴をまとめます。

 

IOTAは、2017年12月の時点で時価総額が第6位の仮想通過です。IOTAが上場されたのは2017年なので、1年もたたないうちに時価総額が6位になったという、非常に勢いがある仮想通貨ですね~。

 

で、なぜこんなに勢いがあるのかというと、それはIOTA(アイオータ)が誕生した背景にあります。IOTAが誕生した背景には、IOTのための仮想通貨が必要になってきたことがあります。

 

IOTというのは、Internet Of Thingsの略で、直訳するとモノのインターネットとなります。これではちょっと分かりづらいので。簡単に言ってしまうと、あらゆるモノをインターネットに繋ぐというものです。

 

以前、ネットが電話回線から光ファイバーに変わったときに、FTTHという言葉ができました。これは、ファイバートゥーザホームの略で、光を各家庭まで届けるというものです。IOTはFTTHの次の段階、いわゆる各家庭でインターネットが接続できるようになることを示す単語です。

 

IOTを利用することで、非常に便利な世の中になってきます。たとえば、家の中の家電がすべてネットにつながってるいと、IOTツールに話しかけるだけで、家の電気を消してくれたり、音楽を再生してくれたり、テレビをつけることが可能になります。それがIOTです。そこで使う用途として開発された仮想通貨がIOTAになります。今はどの企業もIOT、IOTと言っているのですごく時代に合っている仮想通貨と言えます。

 

IOTAが開発された背景には、IOT機器同士のデータのやり取りを記録することにあります。IOT機器はすべてインターネットにつながっていて、情報のやりとりを常に行っています。テレビや冷蔵庫などの機器がネットにつながっていて、データの取引をしています。この小さいデータのやり取りをマイクロトランザクションというのですが、このマイクロトランザクションは従来のブロックチェーンの仕組みでは記録できません。

 

スポンサーリンク


IOTAのブロックチェーンではなくTangleという仕組みを利用している

ブロックチェーンを使わない仕組みとしてIOTAが開発されました。IOTAはブロックチェーンを使用していません。Tangleという仕組みを利用しています。

 

Tangleが必要である理由として、現状のブロックチェーンでは100のサービスのうち、1のサービスだけ利用したいときに、利用料が非常に少ないのに、手数料が発生して利用料以上の金額をはらうことになってしまいます。

 

そこで、その手数料を無料にするシステムがTangleです。これまでの仮想通貨はブロックチェーンを利用する通貨がメジャーでしたが、IOTAはブロックチェーンを利用せずに、Tangleを利用する仮想通貨です。

 

スポンサーリンク


仮想通貨IOTA(アイオータ)の将来性

IOTAの将来性ですが、家電製品はすべてIOTに対応していくことを考えると将来性があると言えます。ガチホールドしている人も多そうですね。

 

 

 

 

仮想通貨IOTA(アイオータ)を購入できる取引所

IOTAは国内の取引所では購入できませんが、海外の取引所では購入可能です。オススメは、日本語に対応しているbinanceにです。

 

私もメインで使っていますが、チャートも見やすいし、手数料も安い(0.05%と日本の取引所の1/10程)のでかなりいいですよ!

関連記事:バイナンスの口座開設方法

 

購入の流れとしては、

  1. 日本の取引所でビットコインか、イーサリアムか、リップルを買う(リップルが送金早くて送金手数料も安くておすすめですが、コインチェックやビットフライヤーしかないならビットコインを販売所で買うのが安いかも?取引所で買うと高いので。)
  2. バイナンスに送金。
  3. バイナンスでIOTAを買う。

ですね!

 

関連
海外の取引所に送金する場合、ビットコインで送金すると手数料が高いので、イーサリアムやリップルでの送金がおすすめです。そして、イーサリアムやリップルで送金する場合、コインチェックやビットフライヤーはスプレッドや送金手数料が高いのでおすすめしません。

送金するならBITPoint(ビットポイント)がいいですよ!ビットポイントは通貨を取引所で購入できますし、送金手数料に至っては無料です。しかも、2018年9月30までに開設&取引すると、3,000円分のビットコインが貰えます。

【簡単にもらえる】ビットポイントが3,000分のビットコインプレゼントを実施中!詳細はココをクリック

 

まとめ

今回は、仮想通貨IOTA(アイオータ)について特徴や将来性、購入におすすめの取引所をまとめました。社会的に生活のなかにIOT技術が取り入れられていく流れを考えると、将来性は抜群の仮想通貨だと思いますよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<気になる銘柄関連記事>

草コインの有望おすすめ一覧【2018年仮想通貨】←まとめ

エイダコインの価格予想!2018年は何倍になる?☆期待!

TRON/TRXの2018年の価格予想と将来性☆期待!

モナコインの今後の予想(2018年)と将来性

仮想通貨のTRIGトークンとは?マスターノードの期待の声

Dogecoin(ドージコイン)の将来性と今後の予想(2018年)

仮想通貨syscoin(シスコイン)とは!どの取引所で購入できる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です