仮想通貨ADKとは?今後や将来性!購入できる取引所も

今回は、草コインの中でも人気が高い、仮想通貨であるADK(Aidos Kuneen)について調べてみました。

 

仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)とは?特徴まとめ

ADKはAIDOS kuneenという仮想通貨です。なんて読むんだ?と思ったんですが、「アイドス・キュネーン」と読みみたいです。ADKが公開されたのは結構最近で、2017年の6月、通貨の最大発行枚数は2500万ADKに設定されています。

 

そして、ADKの特徴なんですが、ADKが目指しているところに「誰もが匿名かつ手数料無料で受けられる銀行サービスの確立」というものがあります。プライバシーやスケーラビリティに焦点を当てた仮想通貨と言えます。

特徴を列挙すると、

  • 送金手数料が無料
  • 匿名性が高い
  • DAG技術採用

とかですね。

 

DAG技術というのは、ブロックチェーン技術の代わりとなる仮想通貨の基盤技術で、ビットコインのような従来の仮想通貨とは異なりマイニングが不要なのが特徴です。ADKは、仮想通貨byteballなどに使用されている「i MESH」という技術を採用しています。「i MESH」は取引のブロックが直線状に広がっているのがブロックチェーンで、それぞれの取引がメッシュ状につなげられています。

 

この構造にすることで、ブロックチェーンが抱えているリスク問題を回避することができるのです。「i MESH」がブロックチェーンと比較して優れているとは言われていますが、まだまだ発展途上の新しい技術なので、安定期的な運用ができるかというと断定することはできませんね(><)

 

ただ、DAGという技術を用いた仮想通貨は色々あるのですが、ADKはその中でもかなり注目度が高く、将来が期待されている通貨です。

 

ADKの今後は?将来性を調査

ADKの将来性についてですが、ADKに期待が集まっている理由は、

  • 開発者が人気
  • ロードマップが壮大
  • 利用目的が明確

というのがあると思います。

 

まず、開発者についてですが、ADKを開発したのは、リカルド・バドエル氏です。ADKホルダーやコミュニティーからはカルト的な人気を博しています。

 

リカルド・バドエル氏はとにかく投資家第一に行動してくれる開発者であるといことで、ADKコミュニティーからはとにかく愛されている人物です。ADKは過去にクリプトダオという海外の取引所に上場されていたのですが、リカルド・バドエル氏本人が信用できる取引所ではないということで、ADKの上場を廃止させてしまいました。


リカルド・バドエル氏の意向により上場廃止などというリスクがあるので、投資家の人たちは当時、かなり狼狽したようです。
「i MESH」の技術はすごいと思うのですが、SRNと比較すると、マイナー感があり、リカルド・バドエル氏の意向により上場が変化することを考えると、すこしリスキーな銘柄だといえます。

 

後日談として、リカルド・バドエル氏が自腹を切って、補償したそうです。ユーザーから慕われる訳ですよね。

 

あと、仮想通貨が長期的に見て上がってくるのかどうかは本当に利用されるのか?というのが重要です。2018年1月時点で、ADKは「カジノ」と「オフショア銀行での資産管理」での利用が考えられています。オフショア銀行は、海外にある銀行口座で、税制上の優遇を受ける金融特別区にある銀行口座のことです。この管理にADKが使われることになると、一気に価格は上昇するでしょう。

 

仮想通貨ADKの今後の価格予想

注目度も高く、将来性がある仮想通貨だと思います。2018年1月時点だとADKの価格は1.25ドルになります。今後は10ドルも視野に入ってくるのではないでしょうか。(といっても、どうなるかがわからないのが仮想通貨の世界なのですがね…)

 

TwitterのADKに関する声も集めてみました。

 

 

ADKが購入できる取引所

ADKは国内では取引所がなく、海外での取引となります。海外の取引所ではまだ、マイナーな取引所しか扱っていません。

 

Aidos marketという取引所になります。(いわゆる草コインという部類に入ります。)Aidos marketへのビットコインのデポジットの受け入れが開始されたようなのですが、あまりにも多くの人たちがいっせいにログインしているせいで、2018年1月時点では、取引所側が追いつかない状況にあったみたいです。

 

海外で取引をするには、国内で口座を開設し、ビットコインなどで送金する必要があります。海外のマイナーな取引所では倒産や、資金が取り出せないといったリスクがあります。ウォレットに保管するなど自分でできる対策はとっていくことが大切ですね。

 

関連
海外の取引所に送金する場合、ビットコインで送金すると手数料が高いので、イーサリアムやリップルでの送金がおすすめです。そして、イーサリアムやリップルで送金する場合、コインチェックやビットフライヤーはもろもろの手数料が高いのでおすすめしません!!

手数料を下げたい方は、詳しくはこちら↓の記事をご参照ください。イーサよりリップルの方が送金手数料は安いです。
イーサリアムの送金手数料と売買手数料比較

Rippleの送金手数料と売買手数料比較

<2018/1/8追記>
ビットバンクが2018/6/31まで、取引手数料無料のキャンペーンを実施しています。 リップルやイーサリアムを送金したい場合は、ビットバンクが今一番おすすめです!
公式サイト:ビットバンク

 

まとめ

今回は、仮想通貨ADK(Aidos Kuneen)について調べました。

  • プライバシーやスケーラビリティに焦点を当てた仮想通貨。
  • 「カジノ」と「オフショア銀行での資産管理」での利用が考えられている。
  • 期待値が高い!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。



初心者におすすめの取引所

仮想通貨は複数の取引所を開設しておくことが重要です。というのは、①取引所によって買える仮想通貨が異なるから、②取引所によっても銘柄によっても手数料が異なるから(この銘柄を買いたい場合はココというのがあります)、③ハッキングされた場合等に備えてリスク分散する必要があるから、です。開設は無料なので、時間があるときにまとめて開設しておきましょう。

ビットバンク

      
  • 取り扱い銘柄が多く、手数料が安い!
  •   
  • 人気のリップルを買うならビットバンク一択!
  •   
  • 2018年6月末まで取引手数料無料のキャンペーンを実施中!

Zaif
      
  • 初心者に人気の定期積立ができる!
  •   
  • 手数料も安い!

bitFlyerbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
      
  • ビットフライヤー厳重なセキュリティー!
  •   
  • 画面も使いやすい!
  •   
  • ビットコインだけを買うならビットフライヤーで充分かも!!?

お得なキャンペーン情報

      
  • ビットポイント

3000円分のビットコインをプレゼント中!2018/3/31の口座開設まで。

      
  • DMMbitcoin

お得!1000円プレゼント中!2018/6/30まで!

      
  • BITBANK

ビットバンクが取引手数料無料キャンペーンを実施中!2018/6/30まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です